サエル セラミド

サエルとセラミド

 

”敏感肌用美白コスメ”としてディセンシアから発売の【サエル

 

敏感肌のメカニズム研究から生まれた基礎化粧品は、

 

『他の美白系と違って、刺激を感じない』

 

『しっかり浸透&もちもち でもべとつかない!』

 

と、口コミで話題になっています。

 

 サエルには、保水力の高いセラミドも含まれていますが、

 

 どのアイテムに、どの種類のセラミドが含まれているのか気になりますよね?

 

 サエル含有のセラミドについて調べてみました。

 

セラミドが入っているサエルのアイテムはどれ?

 

サエルは、現在4つのアイテムが発売されています。

 

 ・化粧水
 ・美容液
 ・クリーム 
 ・CCクリーム

 

 セラミドが入っているのは、これら4アイテム全部です。

 

 サエルのどのアイテムを使っても、セラミドによる保湿が可能なんですね。

 

サエルに入っているセラミドの種類は?

 

肌の潤いに重要な役割を果たしているセラミド。

 

セラミドにはいくつか種類があり、効果も異なります。

 

サエルは全ラインにセラミドを配合していますが、

 

 どれもヒト型セラミドで、セラミド2という分類です。

 

●ヒト型セラミドは・・・

 

 他の疑似セラミド(化学合成されたもの)や植物性セラミド(植物由来)、ミルクセラミド(牛乳由来)と比べて保湿力が高いセラミドです。

 

●セラミド2は・・・

 

 保湿力の高いヒト型セラミドの中でも、水分を保持する力が強いセラミドです。

 

サエルのセラミドは、さらに高浸透な「セラミドナノスフィア」

 

サエルには、保湿力の高いセラミド2が配合されていますが、

 

 同じセラミド2でも、サイズを20分の1まで小さくした「セラミドナノスフィア」を使用しています。

 

 セラミドのサイズが小さいと、角層の奥深くまで浸透することが実証されています。

 

▼ポーラ研究所が明らかにした「セラミドナノスフィア」の浸透力

▲左の「通常のセラミド」と比べて、右の「ナノスフィア」の方が深く浸透していますね。

 

 

 敏感肌のケアには、まず「保湿の見直し」が大切だと言われています。

 

セラミドは角層で水分をキープし、細胞同士をつなぎとめる重要な物質です。

 

 高品質で高浸透のセラミドが入っているサエルは、敏感肌の人が試す価値が大いにあると言えますね。

 

 

●サエルが採用しているヒト型セラミドは、高価なものとしても知られています。

 

 

『サエルはお値段が高め』という声もよく聞かれますが、

 

保湿力の高いセラミドを使っているのもその理由の一つでしょう。

 

 

●サエルは敏感肌用の美白コスメとして有名ですが、

 

高品質のセラミド保湿をスキンケアにとり入れたい人にも

 

最適な基礎化粧品と言えると思います。

 

 

セラミドナノスフィアの保湿をトライアルで体験!サエルトライアルセット